Copyright (C) 2016 Naoya Uekubo All Rights Reserved.

ABOUT ME

1976年生まれ。高校を一度中退。以後アイデンティティー迷子になり数年後再び入学そし卒業。2003年に知り合いの影響を受けて写真を始める。初めて一眼レフのファインダーを覗いた時の没入感はとても中毒性を持っていた。海外を数カ国を旅した後、日本企業に就職するが数年で退社し中国に1年間留学。留学後にそのまま大陸を西へと進もうとするがパキスタン入国手前で全ての荷物をオートリキシャーマンに奪われ逃走されてしまい帰国となってしまった。帰国後は国内を自転車とヒッチハイクで写真を撮って回る。

僕の脳は日頃から好むと好まざるとにかかわらず膨大な量の情報に晒され言わばとてもノイズの多い状態である。しかしファインダーを覗いた時はクリアになるような気がする。脳のフィルタリング機能がうまく働いているのだろう。カメラを持つかどうかということはその人の自由であると思うが、一度カメラを手にするとシャッターを押すことは本能的な行為のようにも思える。僕にとって写真を撮ることは生理的な現象に近いことなのかもしれない。写真はフレーミングによって世界を切り抜きまたそれらを繋ぎ合わせ、再び新しい世界を創造する事が出来る。世界が無数にあることを思い知らされる。

2015年第一子が誕生し現在は京都にて家事・育児をしながら写真活動を続けている。

Born in 1976. I once dropped out of high school and then lost my identity because of it. But I was admitted again and then graduated a few years later. In 2003, I bought a camera under the influence of my acquaintance's uncle, and took mainly landscape photographs. After traveling to many places like Oceania, Southeast Asia, etc., I had been in China to study Chinese for one year. I headed to the western part of the continent after studying abroad. But all of my luggage were stolen by The auto rikisherman be for in front of the Pakistan immigration. After returning home, I adjusted my mind and take photos in Japan with my bicycle and hitchhikes.

My brain is exposed to a huge amount of information regardless of whether I prefer it or not, so it is quite noisy. But when I peek at the viewfinder, I feel like it will be clear. May be the brain filtering function is working well. I think whether or not to have a camera is freedom of people, but I think, having a camera in hand, pressing a shutter seems like an instinctive act. For me, taking photos is may be close to physiological phenomena. Photographs can clip the world by framing and create a new world again. I am pushing the shutter of the camera every day while thinking the photograph is free.

 

2015 First child was born, and I continue to take photos while the mainly househusband in Kyoto.

2015.4 

KYOTOGURAPHIEが主催するICPマスタークラスに参加。

Stephanie de Rougeの写真に対する愛と情熱と知識に感銘を受ける。

Participate in the KYOTOGRAPHIE sponsored ICP master class.

I was impressed with the love, passion, and knowledge for Stephanie de Rouge photograph. 

 

2015.8

IMA主催ポートフォリオレビューに参加。

Participated in IMA organized portfolio review.

2016.11

第19回御苗場関西に「JYUSHI」出展

digmeout(谷口純弘氏・古谷高治氏)、藤代冥砂氏よりレビュアー賞にノミネート。

Onaeba Kansai 19th exhibition.  Digmeout (Mr. YoshihiroTaniguchi · Mr. TakaharuFurutani), Mr. MeisaFujishiro nominated as a reviewer award.

2017.12

Canon Ginza Presents 「SHINES」

ファイナリストに選出される。

Canon Ginza Presents 「SHINES」

Finalist